私がおすすめする「株の本」とそれを読んだ後にやったこと

何の知識もないままに株を始めてラッキーなことに少しばかり儲かりました。

株は儲かるのか?初心者が直感で株取引を行った結果

その後、さらに株式への投資を行うためにいくつかの本を読みましたので紹介させていただきます。

どれも個人的にはおすすめ出来る書籍です。

世界一やさしい株の教科書

一から株を知るには最適の本です。

文章だけでなく図や絵を使った解説で、知識のない人も飽きずに読むことが出来るでしょう。

マンガでわかる株入門

最初に紹介した「世界一やさしい株入門」と比べると、こちらのほうが余計な内容を省いてある印象。

手っ取り早く株について知りたい人にはおすすめです。

所々マンガの解説があるのでまだ知識のない人でもわかりやすく読めます。

インベスターZ

こちらは株だけでなく資産運用全般に関するマンガです。

マンガのため、株を始めるきっかけになりやすい内容で、勉強にもなりさらに、中身も相当面白いです。

ウォール街のランダム・ウォーカー

一番読んで良かったと思える本。

ただ、かなり分厚い本なので読むのに一苦労でした。

内容はめちゃくちゃ勉強になることばかり。

いきなりこの本を読むことはおすすめできませんが、実際に株の売買をした後に読むと内容が頭に入ってきやすく、株投資、資産運用に役立ちます。

この本は元ラインで現ZOZOTOWNの田端さんがTwitterで紹介していることがきっかけで知りました。

テクニカル、ファンダメンタルの細かい分析やこれまでの株化の変動についてデータを使いながら詳しく解説されています。

以下、この本の中で私が忘れないようにチェックを入れた内容。

  • 投資家に頼むよりも自分でインデックスファンドを買って待っているほうが良い結果を生む
  • インデックスファンドでノーロード型で運用手数料が低いものを選ぶ
  • 運用の中心は低コストで税制上も有利な、幅広い銘柄に分散投資した、時価総額加重の市場インデックスファンドで運用
  • 長期的により高いリターンを得るにはより高いリスクを受け入れる
  • 投資期間が長ければ長いほど、損をする確率は下がる

まだまだありますが特に重要だと思ったのは以上です。

株の本を読んだ後に私が行ったこと

いくつかの本を読んで(ウォール街のランダム・ウォーカーの影響が最も大きいですが)私が行ったことは以下です。

  • ウェルスナビを利用
  • 仮想通貨に投資

まず、ウェルスナビについて。

テクノロジーの力で、誰もが世界水準の資産運用をできるようにしたのが、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」。相場の動向に惑わされず、あなたの代わりに、すべて自動で資産運用を行います。

ウェルスナビから引用しました。

ようはウェルスナビの口座を作ってそこに入金しておけば勝手に資産運用をしてくれるというサービスです。

自分で株を購入する際にはどこの企業の株をどれだけ購入したら良いのか分からず結局手を付けられないままの人も多いので、資産運用初心者の人にはおすすめです。

ウェルスナビ公式サイト

仮想通貨は一度リタイヤしたけど再挑戦

実は2017年に、ビットコインやイーサリアムを購入して少し儲けました。

しかしコインチェックの事件もあり、なんだか仮想通貨自体面倒くさくなったのですべて売り払ってそこからは一切手を付けていませんでした。

ただ、ウォール街のランダム・ウォーカーを読んでいて、資産運用、リバランスという言葉が出てきて、株式だけの投資では少し不安だと思い仮想通貨にも再び手を出すことに。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

その結果、現在の自分の資産は銀行、ウェルスナビ、仮想通貨、株式の4本がメインとなっています。

もちろん全てが絶対得するかは分かりませんが、何事も勉強だと思ってチェレンジしてみますー!!

関連記事

関連記事がありません。