Hanes(ヘインズ)の種類まとめ!私が一番おすすめする白Tシャツ

ヘインズTシャツ

Hanes(ヘインズ)は1901年にアメリカで設立された、とても歴史のあるブランドです。

あまり知られていませんが世界的にも人気のブランド「Champion(チャンピオン)」を展開している会社と「Hanes(ヘインズ)」を展開している会社は同じです。

「Champion(チャンピオン)」と「Hanes(ヘインズ)」どちらのTシャツも生地の質感やシルエットが人気で着心地も似ているTシャツも少なくありません。

ヘインズのTシャツはどれも無地でシンプルな作りが多いですが、意外と種類によって生地が違ったりします。

このページではそんなヘインズの定番で人気の種類のTシャツについて詳しく解説します。

Hanes(ヘインズ)のTシャツの種類

【Japan fit】日本人の体型に合わせたTシャツ

ヘインズはアメリカのブランドです。

そのため日本人の体型ではシルエットが大きすぎ、サイズ選びが難しくなります。

そこで日本人の体型にも合うTシャツとして誕生したのが「Japan Fit」。

XS~XLまで展開されておりシルエットも日本人向けで細身。

柔らかい着心地で生地は薄すぎず、厚すぎない作りです。

【BEEFY-T】厚手の丈夫な生地を採用したTシャツ

ヘインズの中でも特に生地の厚いTシャツです。

Tシャツの嫌な部分として、着るほどに首元がよれたり、全体的に痛むのが早いことがあげられます。

しかし「BEEFY-T」はとても厚手の生地が使用されており、洗濯をしても首元がよれることもなく、むしろ着て洗濯をするたびにあじの出るTシャツと言えるでしょう。

まさにデニムのようなTシャツです。

一枚のTシャツを長い期間着たい人にはおすすめのTシャツで個人的にも一番おすすです。

赤ラベル】コットン100%の定番Tシャツ

ヘインズの中でも一番目にすることの多いのが赤ラベルのロゴでしょう。

赤ラベルのTシャツの特徴は、コットン(綿)が100%使用されていること。

コットンが100%使用されているということは「通気性」がよく暑い日でも快適に過ごせます。

ただ、耐久性の面では先に紹介した「BEEFY-T」や次に紹介する「青ラベル」のほうが優れているので、白Tシャツに何を求めるのかで選ぶ種類が変わってくるでしょう。

青ラベル】ポリエステルを含む機能性に優れたTシャツ

コットン100%の赤ラベルとは違い、青ラベルのTシャツにはポリエステルが含まれます。

ポリエステルが含まれるということは生地が丈夫になり、吸湿性が低くなるということ。

汗をよくかく人やTシャツを長持ちさせたい人には青ラベルのヘインズはおすすめです。

金ラベル】青ラベルと赤ラベルを融合したTシャツ

コットン100%で糸の織り方が工夫されて完成したTシャツ。

赤ラベルと青ラベルの良いところを組み合わせた機能性を実現しています。

ただコットン100%ということで、耐久性はあまり期待できません。

若干の暑さに我慢できるなら「BEEFY-T」がおすすめ

  1. BEEFY-T
  2. JapanFit
  3. 金ラベル
  4. 青ラベル
  5. 赤ラベル

私はTシャツに耐久性を求めるので、かなり個人的な意見となってしまいましたが、厚手の「BEEFY-T」は本当におすすめです。

耐久性やシルエットなにを見ても自分好み。

さらに価格が安いのも魅力です。

まだ試したことのない人はぜひ一度着てみててください。

関連記事

ボッテガプレゼント

「メンズへのプレゼント」でオススメは?人気のイチオシブランド23選!

Amazonプライム会員

まだドキュメンタル見てないの?私がお金を払ってまでAmazonプライムを見ている...

チェックシャツ

【メンズ通販】今やネットで服を買うのは当たり前!!おしゃれな男にピッタリのネット...

マッキントッシュ靴下

メンズにオススメの靴下!!イギリス生まれのブランド「マッキントッシュ」

アクセサリー

メンズに人気の大人アクセサリーブランド!!定番からマイナーなブランドまで

父の日

父の日のプレゼントは準備出来た?データから見るオススメのアイテム