【ドローン】MAVICのプロポにはiPadなどの大きな端末を付けられるか?

MAVICは「DJI GO4」というアプリを使用して上空からの映像を確認しながら飛行させる人がほとんどです。

その時に映像を確認するのが普段使っているスマートフォンになります。

DJI製のドローンはアンドロイドのスマホと相性が悪いのか?

 

DJI製のドローン(マビックやファントム)はAndroid製の端末よりもiPhoneなどのIOS端末の方が相性が良いことは有名です。

そのため、ぼくもわざわざiPad miniを購入。

 

しかし、いざ購入してマビックのプロポと通信させようとするとiPad miniが大きすぎてマビックのプロポにはめこむのがギリギリでした。

マビックとiPadmini

これではプロポが壊れそうで嫌だったので、他の方法でiPad miniをはめられないか調べてみました。

そこで見つけたのが以下のアイテムです。

マビックとiPadmini

 

iPadminiを余裕で装着出来る

画像を見て分かる通りプロポに直接装着しようとするとカツカツだったiPadminiを余裕で装着することが出来ました。

これなら安心してドローンの飛行に集中できます。

ただ、iPad miniがプロポの上にきてしまうので、プロポは見づらくなってしまいます。

まだ操縦が慣れていない人は慣れるまでは慎重に操縦しましょう。

 

プロポとリンクさせる時の注意点

通常マビックのプロポに端末を装着する場合、以下の画像のコードと差込口を使用します。

マビックサイドのコード

今回紹介している「マビックのプロポに大きな端末を付けられるツール」を使う場合、このコードと差込口は使用することが出来ません。

そのためプロポ背面の差込口から別途コードを用意してプロポとiPadminiなどの端末を繋げることになります。

マビックとiPadmini

 

サイドのコードは外す

マビックサイドのコード

この時に通常繋がっているコードを一度外す必要があります。

このコードを外さなければ、背面の差込口のコードは反応しません。

 

ぼくはこれを知らずにiPadminiとマビックの背面の差込口をつなげようとしていたため、とても時間を無駄にしましたw

大きな端末とマビックのプロポを繋げる方は忘れずに覚えておきましょう。

関連記事

レンズフード

MAVICをレンズフードつけたまま飛ばすと上手く撮影されない時がある

浜松市ドローン撮影

【空撮】人口密集地でドローンを飛ばす流れ

DJI ドローン

DJIドローン|初心者用からガチの空撮機までまとめて紹介!!とりあえず買うならど...

MAVICPRO(マビックプロ)

ドローンで空撮する前にやっておきたい3つのこと

MAVICPROで撮影した写真

MAVIC PROの魅力!!私が初めてのドローンで空撮した動画と写真

ドローン無料保険案内

無料のドローン保険「DJI無償付帯賠償責任保険」のススメ