写真販売サイトPhotoReco(フォトレコ)を利用してみて

少し前にイベントの撮影をした際に、写真の販売方法として「PhotoReco(フォトレコ)」というサービスを利用しました。

もちろん多少の手数料は取られるものの、簡単に手っ取り早く写真販売が出来るのでおすすめのサービスと言えます。

特にウェディング、イベント、スポーツ、学校などの撮影には最適です。

手数料は15%。売上の85%が自分の懐に入る

フォトレコを使う上で、多くの人が気になるのは手数料だと思います。

フォトレコでは自分が販売した売上の15%をフォトレコへ、85%を自分の売上とすることが出来ます。

売上85%→自分

売上15%→フォトレコ

フォトレコを利用した月の売上が15万円の場合、127,500円が自分に、22,500円がフォトレコに入ることになります。

個人的な意見としては、この手数料で、無料で写真販売サイトが持てるのは、とても良心的だと思いました。

販売価格、販売形式は自分で決めることが出来る

フォトレコでは様々な種類の写真を販売することが出来ます。

データ販売はもちろん、プリント販売も可能。販売価格もそれぞれ自分で決められます。

プリントの場合は写真サイズも一般的なL版からポスターサイズまで用意されており、幅広いお客様に対応可能です。

プリントで販売した場合も、フォトレコ側で対応してくれるのでコチラが特別やることはほとんどありません。

販売する際にちょっと手間なこと

フォトレコで写真を販売することは、それほど難しいことではありません。

ただ、フォトレコで写真を購入するお客様はフォトレコに登録をしなければならないので、購入者側であるお客様にとっては面倒だと思う人もいるでしょう。

さらに、写真を購入してもらうためにはフォトレコへの登録が必要であることと共に、以下の情報をお客様にあらかじめ伝えなければなりません。

  • フォトレコのサイトURL
  • 写真を見るためのパスワード

これらの情報はPDFでもプリントして紙としても用意出来ます。

以下のようなPDFデータがフォトレコ側で用意されているので、それをメールなりラインなり手渡しなりでお客様に渡しておきます。

フォトレコ

これさえ渡しておけば、ほとんどのお客様は問題なく写真の購入が出来るでしょう。

しばらくはフォトレコを使用する

  • 手っ取り早く販売サイトを作れる
  • 手数料が良心的
  • プリントの場合フォトレコに丸投げ出来る

自分専用の販売サイトを制作するには何十万、下手したら何百万円とかかります。

そのため、スナップ撮影がメインでない場合はフォオトレコなどの「写真販売サイト」を利用するほうがおすすめです。

簡単に販売を始められるので急ぎの依頼でも対応可能。

まだ利用したことのない人はぜひ利用してみてください!

フォトレコ公式サイト

関連記事

フィルムィーとネクフル

「necfru(ネクフル)」と「Filmy(フィルムィー)」どちらを利用するべき...