結婚式の2次会であると参加する人が嬉しいサービス

結婚式の2次会ってだいたいどれも同じ流れでサービスもほとんど変わらないと思ったことはありませんか?

自分で好きなようにやると言っても式や披露宴の準備で手が回らない。友人にすべて任せっきり。そんな新郎新婦も少なくありません。

この記事ではマンネリ化している結婚式の2次会を見つめなおし、こんなことが配慮されていたら他の2次会とは違うな、と思うことをまとめてみました。

どれも参加者に嬉しいことなので、ぜひ取り入れてみて下さい♪

結婚式の2次会であったら嬉しい配慮

結婚式の2次会

席が決まってる

披露宴では列席者の席が決まっていることが当たり前ですが、2次会では席が決まっていません。

2次会に一度でも参加したことのある人であれば分かると思いますが席が決まっていないとどこに座ろうか迷うんですよね。

みんな迷った結果、新郎新婦に一番近い席が空いていたりします。

それなら結婚式の2次会も披露宴同様新郎新婦が決めてしまったほうが良いでしょう。

披露宴のようにかたい考えはせず、

  • このグループは盛り上げてくれるから一番前にする
  • このグループは彼氏のいない子が多いからこの男性グループと近くにする

そんな感じでラフに決めてしまえば良いでしょう。

料理が美味しい

結婚式2次会料理

結婚式の2次会は大抵ビュッフェスタイルです。

思い返してみると不味いまではいきませんが、2次会でめちゃくちゃ美味しい料理が出てきたことって意外と少ないです。

これは2次会をおこなう会場によって変わってきてしまうので、会場選びの際はオシャレなお店かの前に「料理の味」にもこだわってみると他の2次会とは差をつけられるかもしれません。

披露宴との空き時間を配慮

たまーにあるのですが披露宴と2次会の間の時間がものすごくある場合。

これは2次会と披露宴両方に参加する人としてはとても迷惑です。

中途半端な時間だと家に帰りたくても帰れないですからね。

出来るだけ披露宴と2次会の間は少なくして上げましょう。

もしくは2次会の場所を早い時間から飲める場所にしておけば参加者が行き場所を失うことがなくなります。何にしろ配慮が必要だと思います。

カメラマンを付ける

2次会カメラマン

こちらも2次会ではなかなかないサービスです。

でもあったほうが新郎新婦自身も嬉しいですし、2次会に参加する人も嬉しいはずです。

披露宴には参加せず2次会から参加する人もいますからね。出来れば集合写真も撮りたい所です。

最近では一眼レフカメラを持っている人もたくさんいます。知人の中にカメラが趣味の人がいればその人にお金を払って頼むのも悪くありません。

まとめ

最後にこの記事で紹介したことをまとめておきます。

  • 美味しい料理のお店にする
  • 席を新郎新婦が決める
  • 空き時間の配慮
  • カメラマンを付ける

どれも2次会に参加する人にとっては嬉しいことだと思います♪

関連記事

2次会プチギフト

【結婚式2次会】最後の見送りでもらうプチギフトはない方が良い?

プロポーズ方法

【プロポーズの方法】指輪を用意して確実にOKを頂こう

結婚式2次会

【結婚式2次会】早めに決めておきたい5つのこと

メンズ結婚式の服装

【メンズ】結婚式の2次会はスーツ派?それともカジュアル派?

結婚式2次会幹事

結婚式の2次会で必要な幹事の数は?

結婚式2次会

結婚式の2次会であると意外に便利なアイテム