サーフェイスプロ4の電源が入らなくなってからやったこと

先日、2015年に購入したサーフェイスPRO4の電源が入らなくなりました。

落としたり強い衝撃があった訳でもないので壊れた原因が分からず困りましたが、最終的に修理交換などはせずなんとか復旧させることが出来ました。

今後同じようなことが起きた時のため、復旧させるまでに行ったことをこの記事でまとめておきます。

 

マイクロソフトにデバイスの登録

まずはサーフェイス本体に記載されている「シリアルナンバー」をマイクロソフトに登録します。

これに登録することで自分のサーフェイスがマイクロソフトの保証期間内なのかそうでないのかが分かります。

ちなみにぼくのサーフェイスは既に保証期間外でした。残念。

サーフェイス保証期間外

サポートに電話

保証期間外ということは分かったので、とりあえずマイクロソフトのサポートに電話してどれくらいの料金で交換または修理をしてもらえるのかを聞いてみることに。

この時気を付けるのはサーフェイスを購入したお店に電話をしないこと。

 

問い合わせはマイクロソフトに直接します。

↓マイクロソフトのお問い合わせページです。順番に入力していけばマイクロソフトの電話番号の記載があるページへ飛びます。

https://support.microsoft.com/ja-jp/contactus/

ちなみに電話の受付時間は以下になります。

  • 平日9時~18時
  • 土日10時~18時
  • 祝日休み

 

Sponsored Links

部品の交換や修理は行っていない

サーフェイスプロ4

マイクロソフトに電話で問い合わせた所、サーフェイスの修理や部品の交換サービスはないと言われてしまいました。

サーフェイスが壊れた時に対応しているサービスは

本体の交換のみ

それも新品との交換ではありません。

中古のサーフェイスとの交換です。

ちなみに価格は5万円ほどらしいです。

 

これを考えると新しいサーフェイスまたはサーフェイス同等端末の購入を考えたほうが良いかなぁとも思えます。

 

今回はサポートから教わった強制終了で復旧

SurfacePRO4

マイクロソフトのサポートで修理、交換について色々聞きましたが、最終的にはサポートの指示に従いながらおこなった強制終了で復旧させることが出来ました。

 

その強制終了の方法が以下の2つになります。

  • 30秒間電源ボタンを押す
  • 15秒間「音量の+」と「電源ボタン」を押す

 

ぼくのサーフェイスはこの2つの方法でとりあえず治りましたがこれでも治らない人は交換、もしくは買い替えという選択肢にするしかないようです。

関連記事

関連記事がありません。