ビデオ用三脚と写真用三脚の違い

写真用三脚とビデオ用三脚の違い

三脚にはビデオ用の三脚と写真用の三脚があります。

どちらの三脚でもビデオ、写真の撮影をすることは可能ですが、機能的に大きな違いがあることを理解しておきましょう。

写真用の三脚は横揺れに強い

ビデオ用三脚と写真用三脚の一番の違いは横の揺れに対する力です。

写真用三脚のほうが横の揺れに強い作りとなっています。

写真撮影で三脚を使う場合は少しのブレも許されません。

少しでもブレてしまうと、タイムラプスやスローシャッターでの撮影では使い物になりませんからね。

反対にビデオ(動画)撮影の場合は写真に比べると、ブレがシビアではありません。

もちろんブレても良いというわけではありませんが、ビデオ撮影では元々動きのあるものを撮影することが多いので写真用三脚と比べると、横の揺れには強くないのです。

ビデオ用三脚は脚の数が多い

写真撮影の機材に比べて、ビデオ撮影の機材は重くて大きい場合がほとんどです。

そのため、機材を支えるための脚の数が多かったりします。

あとは脚の下の部分で脚と脚が繋がれているのもビデオ用三脚の特徴の一つです。

以下は写真用三脚。シンプルに脚が3本あるだけです。

写真用三脚の方がシンプルに作られている分、撮影に応用が効く印象です。

写真用三脚で動画を撮影することも、ビデオ用三脚で写真を撮影すること、どちらも可能ですが、それぞれ明確に機能性が異なることは理解しておきましょう。

関連記事

カメラマン

プロのカメラマンには未経験でもなれるけど最低限の知識経験は積んでおこう

Mavic Pro2(マビックプロ2)

MAVIC PRO2レビュー|進化した空飛ぶカメラの実力(趣味で飛ばすだけならマ...

三脚カメラマン

高い三脚と安い三脚の違い

Zhiyun Crane2(ジウンクレーン)

ZHIYUN CRANE2(ジウンクレーン2)購入!!購入してすぐにやったことを...

フィルム

フィルムカメラを持っている彼には、様々な種類の「フィルム」をプレゼントするのがオ...