【メンズ】冬の定番アウター詳細。暖かさ?見た目?あなたがアウターに求めるものとは

簡単なようで難しい冬のアウター選び。

春夏秋どの季節と比べても冬はアウターの種類によって印象が大きく変わる季節です。

私が冬のアウター選びの際にまず決めるのが何を重視するかです。

とにかく寒さをしのぎたいなら防寒重視のアウター、寒さよりもとにかく大人っぽくしたい場合はレザーのアウター、そんな具合です。

このように自分が何を重視するのかで選ぶアウターは変わって来るのです。

このページでは冬の定番のアウターの特徴をまとめて紹介します。これからアウターを購入予定の方は参考にしてみたください。

冬のアウター

まずは何を重視するか決めよう

先程も書きましたがあなたが冬のアウターに何を求めるのか最初に決めておきましょう。さらに自分がまわりの人からどんな風に見られたいのかも決めましょう。

例えば

  • 暖かさよりもオシャレさを重視したい
  • デニムを履くことが多いからそれに合うアウターが欲しい
  • インナーはパーカーだからそれに合うアウターが欲しい
  • 大人な雰囲気に見られたい
  • 少し抜け感のあるように見られたい

こんな感じにざっくりでも良いので自分がどんなアウターが欲しいのか決めておくとアウターの購入で失敗しなくなります。

それでは定番のアウターの特徴を一つ一つ見ていきましょう。

コート

まずはコートについて。コートの一番の特徴は大人っぽくキレイな見た目です。コートによって暖かさに差はありますが分厚いコートを選べば冬は乗り越えられます。

みなさんもご存知かもしれませんがコートには主に2つの種類がありロングとショートがあります。

大人な印象のロングコート

まずはロングコートの特徴です。ロングコートはとても上品でエレガントな印象を与えることのできるアウターです。

ロングなので上半身はもちろんお尻部分まで温かく冬の定番アウターの一つです。

暖かさ、見た目どちらも優れているのですが、一つ気を付ける点があります。それは着る人を選ぶということです。

背の低い人がロングコートを来たらどうでしょうか?

いつも太いダボダボのデニムを履いている人がロングコートを着たらどうでしょうか?

おそらくどちらも合わないと思います。

ロングコートをオシャレに着こなすことのできる人は、

  • 背の高い人
  • おしゃれな人
  • 普段からキレイ目な服装の人

これらの人が着るには最適なアウターです。

カジュアルな服装にも合うショートコート

ショートコート

ショートコートにはロングコートにはないカジュアルな服装に合わせやすいというメリットがあります。

さらにロングコートのようにキレイ目な服装にも合わせることも出来るので、冬の万能アウターの一つだと言えます。

ただ防寒の面ではやはりロングコートにはかないません。上半身の寒さ対策は出来ますが腰から下の寒さ対策は出来ません。

コートの生地の質や分厚さによって暖かさも全然違うので防寒を重視している人は購入前にしっかりと生地や分厚さを確認する必要があります。

ショートコートがオススメなのは普段色んな格好をする人です。

デニムを履いたりスラックスを履いたり、インナーはパーカーだったりシャツだったり。

どんなコーディネートにも合わせやすいので何を購入したら良いのか分からない人はとりあえずショートコートを購入するのも良いかもしれません。

暖かさ抜群のダウンジャケット

ダウンジャケット

とにかく防寒重視の人にオススメなのはダウンジャケット。

他のアウターと比べると圧倒的に温かいです。

ちなみにダウンにも様々な種類があり暖かさにも大きな違いがあります。

日本でも人気のあるMONCLER、タトラス、DUVETICAなどは最高級のダウンが使用されているのでどんでもない暖かさで、金額もとんでもないです。

ただ、本当に防寒重視で長く着れるアウターを探してる人にはそういった高級ダウンの購入がおすすめです。

毎年2万円のダウンを5年間購入したらトータル10万円になります。

最初に10万円のダウンを購入して5年着れば結果一緒のことです。

高級ダウンは機能性や流行に左右されないことを考えると一生ものになりますからね。ぜひ候補に入れてみて下さい。

ちなみにダウンは普段カジュアルな服装をしている人にオススメのアウターです。

デニムやパーカーに合うダウンジャケットはたくさんあります。

反対にジャケットなどのキレイ目なコーディネートと合わせるならMONCLERなどの高価なダウンでなければ合わないことが多いです。

カジュアルスタイルの定番マウンテンパーカー

カジュアルな服装を好む人におすすめです。

マウンテンパーカーという名前の通り登山の時に着るアウターとして開発されているので防寒にも強く冬の人気アウターとなっています。

定番は画像のようにチャックを一番上まで閉めるスタイルです。

よくおしゃれな人がこんな感じで自転車に乗っていますよね(笑)

この着方であればインナーを気にする必要もなく、オシャレが楽になります。

最近ではカジュアルなスタイルだけでなく、スーツなどのビジネススタイルにマウンテンパーカーを合わせている人を多く見ます。

ダウンだとモコモコし過ぎてる、コートだと自転車に乗る時に動きにくい。

そんなビジネスマンの間で徐々に定番になっているのがマウンテンパーカーなのです。

昔のイメージとは違う?!時代と共に変化したスタジャン

スタジャン

みなさんはスタジャンにどんなイメージを持っていますか?

もしかしてまだワッペンがたくさん貼ってあったり、ぶかぶかでだらしない印象がありますか?

あのころのスタジャンを着ている人はもうほとんど見かけなくなり、今ではスタジャンはスタイリッシュでシンプルでオシャレな印象に変わっています。

スタジャンボア

裏地がボアで温かくなているものもあり、十分冬を乗り越えられるアウターです。

さらにスタイリッシュな見た目なのでキレイ目なスタイルにもよく合います。ブランドによって作りの形が全然違うアウターでもあるのでカジュアルに着こなすのか、キレイ目に着こなすのか想像しながら購入して下さい。

しかし、いくらスタジャンがスタイリッシュに変化しているといってもスーツなどのビジネススタイルに合わせるのはなかなか難しいです。

カジュアルなシーンをメインに考えておきましょう。

男なら誰もが憧れるレザー素材

黒のレザージャケットは男性ならだれもが憧れるアイテムです。

その変わり値段もめちゃくちゃ高いですが、、、

もちろん安いレザージャケットもたくさんありますが、ほとんどが本皮ではありません。私はレザージャケットを購入するなら本皮をおすすめします。

本皮でないレザージャケットは誰が見ても安っぽく見えますからね。

ちなみにレザー素材のアウターは、防風には強く、寒さ・雨には弱いです。

生地が厚いレザーアウターはなかなかなく、あったとしてもとても高額です。一般的な薄手のレザージャケットは寒さに弱い人では真冬を乗り越えられない可能性もあります。

レザージャケットの購入は、

  • 一生ものもアウターを探している
  • 寒さには強い
  • デニムを育てるのが好き(デニムもレザーも長く着ると色合いが変わったり自分の体に馴染んでくるので)

こんな人にオススメのアウターです。

徐々に定番となっているニット素材のアウター

ここ数年で少しずつ定番になってきているニット素材のアウター。

特に人気のあるニットアウターを展開しているブランドと言えばBark(バーク)です。

Barkの価格をみる

2011年にイタリアで誕生したブランドで日本にも2015年にショップをオープンさせています。ニットコートという新しいアウターを作ったブランドとも言えます。

ニットのアウターの特徴は暖かさです。私も一着持っていますが冬の寒さを乗り切るには十分な暖かさです。

さらにダウンジャケットやコートと違いニット素材のアウターを着ている人は見かけません。

他の人と差別化するにしてもとてもオススメできるアウターなのです。

今のところブランドは一択?!雨に強いオイルドジャケット

バブアー

日本では人気のBarbour(バブアー)の登場で一気に冬の定番アウターに躍り出たオイルドジャケット。

表面がオイルコーティングされているおかげで防水性、防寒性に優れているアウターです。

実はオイルドジャケットは様々なブランドから展開されていますが、Barbour(バブアー)の印象が強すぎて他のブランドが注目されていません(笑)

オイルコーティングされているので独特なニオイを感じることがありますが、私は特にイヤなニオイだとは思いません。

ただ、オイルが他の衣類に付いたりしてしまう場合もあるので他のアウターよりも着る際に気を使うかもしれません。

どちらかと言うとカジュアルな印象ですが、スーツの上から着てもオシャレに着こなせます。

オイルコーティングの特性をメリットとするかデメリットとするかで好き嫌いがはっきり別れるアイテムです。

購入の際は一度店頭で確認が必要でしょう。

まとめ:他のアイテムに比べると高額な冬のアウター

冬のアウターは夏のTシャツやハーフパンツに比べると単価が高額です。

そのため買い物で失敗する訳にはいきません。

購入したのに結局全然着なくなったなんてことがないように、自分がどんなアウターが欲しいのかしっかり考えてから購入するようにしましょう。

関連記事

コンバース人気スニーカーまとめ

コンバースの人気スニーカーまとめ!定番からマイナーモデルまで種類を紹介

キーンサンダル

KEEN(キーン)のサンダルの種類まとめ!!実はユニーク以外にも種類がたくさん!...

個性的なネクタイ

あなたはどれにする?!30以上のネクタイの柄をまとめてみました

三脚カメラマン

高い三脚と安い三脚の違い

おすすめのビジネス本

【実用性重視】本気でおすすめしたいビジネス本5冊

MENSヘアワックス

メンズ ヘアワックス|ジェル系からソフト系までおすすめのヘアワックスを紹介!!